葬儀でのマナーとは

キリスト教の葬儀について

トップ

キリスト教の葬儀情報

キリスト教の葬儀の出し方

ご親族やごく近しい方が、洗礼を受けていてお亡くなりになった場合には、慌てずにその方が属していた教会の牧師か神父様をおよびください。同じキリスト教でも葬儀の出し方はカソリック、プロテスタントで異なります。間に合う場合は、今わの際の祈祷、祝福をしてもらえますので、容態が危なくなったら連絡をしましょう。キリスト教の死の概念は忌むべきものと言うものではなく「帰天」「天に召される」と言ういい方の通り、あるべきところに人が帰っていくというものです。遺族を慰め、神に栄光を期するのが葬儀のあり方です。葬式の次第も聖書、讃美歌、花でつつましく飾られた礼拝堂で行われます。作法は隣の人のまねで結構です。アナウンスもございますので真心を持って列席しましょう。

葬儀 宇都宮であらゆる家族の希望に沿ってくれる斎場です。
家族葬から社葬まで幅広く行ってます。控室やお食事の部屋もとても綺麗ですよ。

キリスト教徒のお葬式について

仏教とキリスト教の葬儀との最大の違いは、お焼香ではなく、献花をすると言う点です。お香典は、カトリックなら御ミサ料、プロテスタントなら御花料と言いますご霊前は、宗教を問わずにお香典に使用できるものなので、相手の宗派が解らない場合はご霊前と書いてある香典袋を選ぶと良いでしょう。献花の手順は、花が右手側に来るように受け取り、祭壇に向かって一礼して、花が手前になるように時計回りに回します。花の根元が祭壇に向くように花を捧げて、遺影に一礼します。数珠を持っていくのはキリスト教の葬儀の際にはマナー違反となりますので注意してください。